ヤーズを激安で購入する方法!!

ヤーズジェネリック(Drospera3mg/0.02mg)

ヤーズは治療薬?避妊薬?

ピルと称されることもありイメージとして避妊する為の薬と思っている方もいるかもしれませんが、ヤーズは卵胞の発育を抑えて排卵を抑える作用で月経時の疼痛を軽減するお薬です。 ヤーズは超低用量ピルに分類されているピルで、排卵を抑えることで子宮内膜症が厚くならないようにする作用があります。 子宮内膜症の痛みや月経困難症の症状を和らげるほか、PMS(月経前症候群)の治療として用いられることが多い薬です。

ピルの『低用量』とか『超低用量』ってなに?

病院で処方されるピルは低用量ピルが一般的ですが、現在は超低用量ピルを取り扱っている病院も多いです。
ピルの事を少し調べてみると、低用量ピルや超低用量ピルといった説明を目にする機会もあると思います。違いを簡単に表現すると、ピル1錠中に含まれる女性ホルモン(エストロゲン)の含有量が異なります。
含有されるホルモンの量によって高用量、中用量、低用量、超低用量に分類されています。

  • 高用量:エストロゲンの量が1錠中50μgより多い
  • 中用量:エストロゲンの量が1錠中50μg
  • 低用量:エストロゲンの量が1錠中50μgより少ない(低用量表記ピルは30μg~35μg )
  • 超低用量:エストロゲンの量が1錠中30μgより少ない(紹介するヤーズは20μgでこの分類です)

※単位: μg (マイクログラム)

超低用量ピルだからといって効き目が弱いということもなく、低用量ピルと同じ効果を得ることができます。
より、服用時の体への負担などを考慮した物というイメージです。
ピルも進化と新薬の流れとともに高用量から順に第一世代、第二世代、第三世代、第四世代などといわれています。
現代では低用量(第3世代薬)と超低用量(第四世代薬)が主流です。

ピルの種類と区別

子宮内膜症などに用意られるピル(治療薬
治療目的のお薬です。

  • ヤーズ
  • ルナベル
  • フリウェル

自費のピル(避妊薬
病気の治療の為ではない避妊目的のお薬です。

  • マーベロン
  • トリキュラー
  • マイクロジノン

上記はよく耳にするピルの名称を引用しましたが、月経のコントロールや様々な生理症状に対する服用効果を得る意味では共通する部分も多いですが、一言にピルと言っても大きく分けて、治療薬のように月経をコントロールする為のお薬と、そもそも避妊を目的に服用する薬があります。

ヤーズはどこで買えるの?

ヤーズは、一般販売はされていません。処方箋が必要となる医薬品になりますので、楽天やアマゾンなど大手通販サイト、ドラッグストアなどでは購入することができません。
クリニックに通院・診察が主になりますが、結構億劫に感じてしまう方もいるかと思います。また、ヤーズなどのピルは継続的に服用をしたい方も多いと思いますので、クリニックでの都度の診察が大変だと感じるかもしれません。

そこで、個人輸入サイトを利用することで、わずらわしさ通院のように時間にとらわれず正規品を簡単に購入することができます。
輸入と聞くと不安に感じる方もいると思います。購入する際は、信頼できる通販サイトを利用しましょう。
私もいろいろな通販サイトを利用しましたが、定評もあり、手元に商品が届くのが早いオオサカ堂で購入しています。
もし、商品に関する万が一があった場合でもアフターもしっかりしているので安心ですよ。

私も10代の時の診断で、それ以来PMSと子宮内膜症の痛みに悩みを抱えてピルを服用する事が多いです。服用期間が長いのですが、症状も強く出てしまうので、薬の処方のために再診で都度クリニックに通うのを少し億劫に感じていました。
今は通信販売に切り替え手軽に楽に購入することができています。

お薬には効果(ベネフィット)だけではなく副作用(リスク)があります。その副作用をなるべく抑えて、お薬の効果を最大限に引き出すことが大切です。
私の経験談やピルの説明などを織り交ぜて紹介していきたいと思います。
同じような症状、薬の服用など悩みや疑問などを抱えている方の少しでも手助けになればと思います。

クリニックで処方されるヤーズ(ピル)の料金

ヤーズは、一般販売はされていません。処方箋が必要になりますので、診察処方してもらう料金を参考に通販との比較をしてみました。

料金はクリニックによっても多少の違いがありますが、自己負担額の相場は以下の程度の料金くらいかかります。

※下記料金はおおよその平均です。参考程度にお考え下さい。

  • ヤーズ1ヶ月分1シート 2600円(保険適用・3割負担)
  • ヤーズ3ヶ月分3シート 7100円(保険適用・3割負担)

クリニックで処方してもらう場合は、お薬代の他にも診察料(初診察・再診察)、服用についての薬剤情報提供料などが発生しますので、実際はお薬代+3000円ほどかかります。
また、保険適用でヤーズをもらう場合、最大で3ヶ月分までしか処方してもらえません。病院によっては1ヶ月分しか処方してもらえないところもあります。
ヤーズは長い期間服用する方もいますので、その都度の再診料などを含めるとなかなかの高額になってしまいます。

ヤーズは月経困難症などの治療のために処方してもらうお薬です。治療や症状の緩和のために処方してもらうのは保険が適用されるピルですが、避妊目的での場合は保険が適用されません。

通販購入ヤーズの料金

通信販売の場合はヤーズ一箱当たり1シートで28錠です。通信販売はまとめ買いすることで割引がついたり、送料が無料になったりしますので料金的にもお得になります。

  • ヤーズ1ヶ月分1シート 2044円
  • ヤーズ3ヶ月分3シート 4660円
  • ヤーズ6ヶ月分6シート 8199円

最大のメリットは通院せずに煩わしさを省いて、処方される薬と同じものが簡単に手に入る事です。購入も任意の数だけ購入できるのでクリニックと違いお薬を追加する場合に手軽に購入利用できます。

ヤーズの成分

ヤーズは卵胞ホルモン(エストロゲン)黄体ホルモン(プロゲステロン)の混合製剤です。
服用することで、女性ホルモンを補充して卵胞の成熟を抑え排卵を抑えることで月経困難症や月経周期異常などを治療します。

卵胞ホルモン(エストロゲン)

卵胞が成熟したことを脳に伝えて、これによって卵胞の成熟がとまります。

黄体ホルモン(プロゲステロン)

子宮内膜に柔らかさと厚みをもたせて、受精卵が着床しやすいように子宮内環境を整える作用のあるホルモンです。受精卵のベッドを作ってくれるイメージですね。

上記の2つの女性ホルモンを含有する錠剤を服用することで、脳が卵胞が成熟していると勘違いさせて、卵胞の成熟が抑えられます。
これによって、排卵抑制、子宮内膜の増殖抑制、子宮収縮抑制などの作用があらわれて月経困難症を改善してくれます。

ヤーズの効果

ヤーズの治療効果

排卵を抑えることで子宮内膜症が厚くならないようにする作用があります。 子宮内膜症の痛みや月経困難症の症状を和らげるほか、PMS(月経前症候群)の治療として用いられることが多い薬です。
ピルの効果を上手に使ってコントロールすることで、様々な症状の緩和、改善に役立てることができます。

子宮内膜症

本来は子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜組織が、子宮以外卵巣や腹膜などで《増殖→剥離》を繰り返す病気です。
病気というと何だか怖い感じもしますが、子宮内膜症は良性の病気なので直接、命に関わることはありません。しかし、その痛みは独特で人によって重度は違いますが、なかなか辛い痛みです。その痛みなどの症状をコントールしながら閉経まで気長に上手に付き合っていく病気です。
ヤーズなどのピルは、生理を軽くする効果があります。

月経困難症

子宮内膜は受精が不成立なら剥がれ落ちて、その際に日常生活に支障が出てしまうほどの下腹部の強い痛み、腰痛、頭痛、吐き気やそれに伴う抑うつ気分が現れて、これが月経困難症の症状となります。
ヤーズなどのピルには、子宮内膜の増殖、子宮の収縮運動を抑える効果があるので月経時の症状を軽くします。

月経周期異常

月経周期異常は、その『字』からも想像できるように、月経の周期が安定しない症状です。要因は様々だと思いますが、人によって月経周期が10日程と極端に短くなっていたり、逆に40日など極端に周期が長かったりします。ピルの錠剤は通常周期28日と同じ量の錠剤が、1シートになっています。服用方法に従って、女性ホルモンを補充、休薬することで安定した通常周期に導きます。

PMS(月経前症候群)

月経前に起こって月経時に消えていく不快な症状が、繰り返し3ヶ月以上続いて、なおかつ、日常生活にさしつかえてしまうほど症状が酷い場合をいいます。
生理が始まる3~10日ぐらい前から起こる不快な症状で、身体的なものから精神的な症状まで実に様々な症状が現れてしまいます。ヤーズなどのピルは排卵を抑えてくれるので、この月経前の症状を抑えてくれたり軽くしたりします。

ヤーズの避妊効果

日本では、避妊薬としての目的での服用はできません。
しかし、ヤーズが分類される超低用量ピルは卵胞ホルモンの含有量が少ないですが、避妊効果が認められています
海外では主に避妊薬としての認可を受けており、避妊効果のあるお薬として流通しているようです。
もし、避妊薬としての使用を考えている場合は、生理開始日から服用し始めた場合(Day1スタート)、服用開始日から確実な避妊効果を発揮させることができます。
服用のタイミングは、生理開始日を待たずに服用を開始しても大きな問題はありません。ただし、その場合は排卵してしまう可能性があるので、高い避妊効果を得られるまでに数日かかってしまいますので注意が必要になります。生理開始日以外の日からヤーズの服用を始めた場合は、服用を始めてから、少なくとも1~2週間程は他の避妊法を併用しましょう。不安な方はコンドームと併用すると更に避妊効果が高まり安心でしょう。
また、ピルの種類と区別でも少し紹介しましたが、避妊を目的(着床し辛い環境にする)のピルもありますので避妊が目的であれば、そちらのピルを使用したほうがいいかもしれませんね。

ヤーズの服用方法

1日1錠づつ24日間服用後に、4日間プラセボ錠(飲み忘れ防止用のホルモン剤が含まれていない錠剤)を飲み続けます。 この28日間を一服用周期として出血が終わっているか続いているかにかかわらず、29日目から次のシートを飲み始めてください。
※プラセボ(プラシーボ)錠は飲み忘れても効果には影響ありませんが、服用のリズムを崩さないためにも飲んだほうがいいでしょう。

↓参考画像です↓

私はヤーズも服用してますが、現在はフリウェル(ルナベルのジェネリック)を試しになりますが、服用しています。休薬が7日のお薬で休薬日の部分が『くり抜き』になってます。その日度にくり抜きをして、休薬日数と次のシートの飲み始め日の把握をするものです。
プラセボ(プラシーボ)錠とは、このくり抜きの代わりに効能のない『粒』を飲むイメージです。シートの効能のないプラセボ錠を続けて数の分だけ服用する事で、自然と休薬が守られ次のシートの飲み始め日の忘れを防げます。

ヤーズの副作用

ヤーズを飲み始めて数日から数ヶ月の間、吐き気や不正出血、胸が張る感じがあるかもしれません。 そのような副作用も一時的なもので、ヤーズを服用し始めてから数ヶ月で大抵はなくなります。 もし2~3ヶ月経っても副作用がなくならない、副作用が辛すぎる場合は服用を一旦やめて医師に相談しましょう。

・注意が必要な副作用
ヤーズを服用中、ごくまれに血栓症(1万分の1位の確率ではあるらしいですが…)という血管の中に血の塊ができて血管を詰まらせる病気を発症することがあります。また、喫煙をしている方はそのリスクが高まるそうです。
*激しい頭痛、舌のもつれ、しゃべりにくくなる、視界がぼやけたり視野に異常を感じる
*突然の息切れ、押しつぶされるような胸の痛み
*突然の足の痛みや腫れ・手足の脱力感
このような症状があれば、すぐに救急病院に行き低用量ピルを服用していることを伝えて処置を受けてください。 血栓症にならないためにも定期的な血液検査をすることが大事です。定期的な産婦人科の血液検査などを受けたほうが安心かもしれません。 最低でも半年に1回は血液検査をして血栓症になる可能性がないかどうか調べましょう。

ヤーズなどのピルの服用と疑問

ピルの効果に頼りたくても、ちょっと不安、こういう場合はどうなんだろう?
など、女性として色々と疑問を持つ事もあると思います。ここでは、私が気になった事を少し調べてみました。

ピルの服用は何歳から大丈夫?何歳まで大丈夫?

ピルの作用は月経に対してなので、当たり前ですが、閉経まではその効果の恩恵を受けます。診察が必要ですが、10代でも特に病気もなく、医師が必要と判断すると処方してもらえます。思春期の月経困難症をコントロールすることで子宮内膜症の予防ができるというデータもあります。
また、40代の方など、高齢になるほど妊娠しにくいという誤解から、思わぬ妊娠をしてしまう場合もありますので、妊娠を望まないならピルを服用して確実な避妊を心がけましょう。

ピルを服用すると妊娠できなくなる?

よく誤解をされてる方もいますが、ピルの服用で妊娠できなくなるというのは誤解です。
ピルの服用を止めてから35日目までに、およそ80%、6ヶ月以内には99%の女性の月経が元通りに回復するというデータがあるそうです。妊娠前のピルの服用は、その後の妊娠の時に胎児に影響を与えたりしません。

ピルは長期間服用して大丈夫?

血栓症などのリスク(定期的血液検査推奨)がなく避妊が必要または、月経のコントロールが必要な場合は、服用期間に制限はありません。しかし、安心して服用を続けるために、自分の体の状態は把握するように努めましょう。

ピルを服用すると太る?

ホルモン=太るというのは誤解です。内科の疾患に使用されるピルは副作用の一つとして、太ったり顔が腫れる症状があったりする報告もあります。しかし、全てのホルモン錠剤が同じというわけではありません。紹介したように、私も色々なピルを試してきましたし(ピルが原因で太る症状はありません)、どんな薬でも人によって合う合わないもあると思います。自分にあったピルを探して出会うのもいいかもしれません。
ちなみに、避妊用のピルに含まれるホルモンは種類が異なり、その服用で太ることはありません。

ピルの比較・色々なお薬の紹介

治療用ピル

避妊用ピル

※上記商品の価格は参考です。為替で変動する場合があります。

ピルと一言で言っても実に様々なものがあります。オオサカ堂で扱われている他商品も掲載してみましたが、興味のある方は、比較や参考に活用してみて下さい。
簡単に治療用、避妊用と分けましたがどのような症状にはコレを!という絶対的な線引は難しいと思います。私も服用期間が長いので、クリニックでいろいろと処方してもらいましたがヤーズ(治療薬)の服用、他にもマーベロン(避妊用)なども服用してました。現在、私はフリウェル(クリニック処方)を試してますが、より自分の体にあったものを探してみることも大切だと思います。ヤーズが具合いいと感じたのでフリウェルがなくなったら、ヤーズに戻すかヤーズジェネリックを試そうか検討中です…。治療薬、避妊薬といっても目的の効果によって選び方も変わりますし、使用種類も様々になります。
なにりも、体質なども関係してきますし、各商品とも人によっては合う合わないなどあると思います。
同じような効果・成分の薬でも、やはり副作用として出るものが違ったりします。口コミレビューも豊富ですので、自分にあったものを探してみて下さい。きっと、あなたの体にあったお薬が見つかりますよ。

ヤーズの口コミ

女性♀ Yazz

こちらは無くてはならない薬です。病院で処方されるものと変わらないです。休薬期間が短いので、身体の負担が大変少ないと思います。休薬後の飲み始めに少し吐き気がありますが、ヤズかルナベルしか飲めないので、オオサカ堂さんにヤズがあって大変助かっております。

女性♀ Yazz

生理不順で婦人科を受診し、エコー検査もして、子宮と卵巣には問題無い事を確認後にヤーズ配合量を処方されました。
飲んでからは生理も28周期でピッタリ来るようになったし、PMSも無くなり、長年悩み続けたUゾーンのニキビが無くなりました!!
生理不順でいつくるか分からないPMSにも悩まされ、更にニキビも酷くて、隠すためのマスクが手放せなかったので、長年の悩みから解放されて手放せません。
婦人科で少し先生と話しだけして、3ヶ月分で6000円ちょっとなので、こちらはかなりお得に感じます。
心配性なので、これまで通り婦人科には行きますが、仕事の都合でどうしても行けない時に、1シート使用して無くなる前に婦人科へ行こうと思います。
血栓の副作用のリスクの問題があるので、婦人科で処方されたヤーズ配合量に付いている【ヤーズ配合量を服用しています】と言うカードをお薬手帳に挟んでいます。
婦人科受診をした事の無い方は、こちらでの購入の前に婦人科を受診する事をおすすめします。

女性♀ Yazz

使い方も効果も婦人科で処方されていた日本版のものと同じように使用できています。婦人科は予約が取りにくく待たされた挙句に血圧を測って処方箋を渡されるだけで2ヶ月分5000円程度かかっていましたから、それに比べると費用も時間も浮く!注文から2〜3日で届けて頂けるのも有り難いです。不便な点を上げるとしたら飲み忘れ予防のシールが読めないこと。私は上から曜日をマジックで書いています。

女性♀ Yazz ジェネリック

今まではヤーズをずっと服用していました。他のピルと比べると少し高めですが、他の物は考えられない程自分に合っていたからです。しかしこの度ヤーズと全く同じ配合のジェネリックを発見し、迷った末に挑戦。結果こちらに変えても全く変わりなかったです!ヤーズより安く、同じ体調を維持できて本当にうれしい。これからもこちらを購入しようと思っています。

女性♀ Yazz ジェネリック

何度もリピートしてます 今までは生理前の不快な症状に悩まされてましたが こちらを服用するようになってから 生理前でもほとんど意識することもなくなりました 。

出典元:オオサカ堂

ヤーズ通販のまとめ

ヤーズ(ピル)の通販購入は家族にバレない?

通販購入すると、もちろん自宅に届きます。
家族と一緒の方は通常、商品の梱包でバレることがあります。
ヤーズなどピルの購入は尚更、人によってはデリケートなものになりますよね。
しかし、オオサカ堂は無地のパッケージで梱包してくれるので、商品が届いた時点で家族にバレてしまうといった心配がありません。
家族にバレたくない、知られたくないの心配がないので助かりますね。

ヤーズのまとめ

色々と、経験談や記事を含めてピルについてお話させていただきました。
様々な事情や症状に悩みを抱えている方も多いと思います。人によってピルの使用用途が様々なものになると思います。
子宮内膜症などの様々な症例は『しょうがない』『体質だから…』と我慢しても何もいいことはありません。辛いだけです。
『ピル』と聞くと何だかちょっと良くないものと敬遠がちに思う方もいるかもしれませんが、ピルの服用は恥ずかしいものでも後ろめたいものでもなんでもありません。
しっかりとピルの用法、用量を知った上で服用すれば、服用を考えてるけど…踏ん切りがつかない…など、ピルに対しての怖さなども和らぐと思います。
ピルは女性のデリケートな悩みをコントロールできるお薬です。